〒550-0023 大阪市西区千代崎1-25-11
◆電話:06-6583-4113 FAX:06-6583-4413
(e-mail)nishiku-minsyou@deluxe.ocn.ne.jp
ここのブログは、西区民商会員の思いや希望などを表現するスペースです。
礼節と良識をわきまえない、コメントなどがエントリーされた場合、無関係な内容と判断し、誠に申し訳ございませんが、削除させていただきます。

2006/7/26

婦人部役員会  婦人部の活動

7月24日6時〜

 会員さんの店(かがなる 地下鉄九条駅近く)で集まる。
久々に顔合わせ。
役員および、役員さんと一緒に来られた方で合計7人も集まった。
西にしたら、大盛況である  パチパチパチ


大婦協第11回常任幹事会(7月7日)で話し合ったことや、西の婦人部総会を決めないといけない。
総会には是非出席してくださいね。




まずは、今世間ではということで、
昨年まで住民税がゼロだったひとが37000円になったり、
所得税、介護保険、固定資産税は大増税となり、年金、生活保護の大幅削減・・・国民・弱者に痛みを押し付け、貧困と社会的格差の新たな広がっているということを確認。

大阪市は本年度から国民健康保険の算定方式を「住民税方式」から「所得比例方式」に変更。
その結果、住民税非課税の低所得者や高齢者の保険料が跳ね上がりました。

国保料・市府民税・介護保険料の通知が届き、区役所の窓口に相談が殺到しています。



そこで民商では、相談会を催したり班会をしたりして学習しています。
会員でない方にも窓口は開いています、遠慮なくご連絡下さい。
   ↑   ↓   ↑   ↓
追記です。
(一晩寝て朝読み返していたら、ちょっと情けなくなりましたので追加しました。皆さんの意見もお聞かせ下さい)

民商はいつも不安材料を言ってるように見えますが、自分自身でそれをどう対処できるかという「知識」「認識」があれば、別に怖いものでもないように思うのです。
その「知識」「認識」を持つための勉強会を、一人より二人、二人より三人とそれぞれが「知識」を高めあっていけば、別の切り口が見つかるのでないでしょうか。
その為には、参加して差をつけ、なんらかのチャンスを掴んで欲しいのです。
ここは異業種交流会の場ではありません。
自らも、啓蒙する場なのです。

  


消費税の課税届出の強要や事後調査も始まっているなかで、収支内訳書の督促が税務署から送られてきています。
民商は、説明会や変換行動をしながら、納税者の権利を学習し、自主計算を強めています。



7月15日の当ブログで書きましたが、一度は府や市に交渉に行くのに着いていきたいと思っている。
(国会には行きました・・・それがどうした!)

20日の大阪府交渉には行けないので15日の勉強会に行きたかったが、所用にてドタキャン(ちと、多いぞ!!)

その結果は、大商連のHPでUPされるでしょうから、そのときはそっくり頂いてきますので、待っていてくださ〜い。(手抜きもありンコ!)



    

西の婦人部に新しい風が入った。
やるからには、何もしないのは嫌だと・・・ウレピー

みんな自分の仕事の合間での活動、でも全く時間がないのではないはず。
でもその日に限って皆さん、ご用事がおありになる・・・・



「住民税方式」&「所得比例方式」は後日書いてみたいと思います。



+++おまけ+++
どうでもいいですが、昨年都島民商の会員さんからプレゼントしてもらったぞうり。本物の藁ではない、特殊な紙だそうで、洗っても大丈夫とのこと、フローリングの床は冷えるので重宝してます。ネットでみつけたのでそちらの画像を・・・
クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ