〒550-0023 大阪市西区千代崎1-25-11
◆電話:06-6583-4113 FAX:06-6583-4413
(e-mail)nishiku-minsyou@deluxe.ocn.ne.jp
ここのブログは、西区民商会員の思いや希望などを表現するスペースです。
礼節と良識をわきまえない、コメントなどがエントリーされた場合、無関係な内容と判断し、誠に申し訳ございませんが、削除させていただきます。

2006/9/17

国民金融公庫:連帯保証人不要の融資を拡大  経営対策

毎日新聞 2006年9月13日 3時00分の記事から

国民生活金融公庫は07年度から、経営にかかわらない連帯保証人を求めない場合の貸出金利の上乗せ幅を現行の0.9%から0.6%に引き下げ、連帯保証不要の融資を拡大する。連帯保証に対し「借りた本人以外が借金に苦しむ」との批判が出ていることに対応したが、多重債務問題に取り組む弁護士らは「連帯保証そのものの廃止が必要」と指摘。政府系金融機関が連帯保証人を取ること自体の是非も問われそうだ。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060913k0000m020146000c.html

連帯保証したことで多額の借金を背負い人生が台無し・・・そうならないために

連帯保証制度を巡っては、企業が金融機関から融資を受ける際に返済を保証する信用保証協会が今年4月、原則として連帯保証人を求めないようにした。
安倍晋三官房長官が中心になってまとめた政府の「再チャレンジ推進会議」は5月、連帯保証に依存しない融資の拡充を訴え、全国銀行協会にも協力を要請した。



あくまでも要請ですから、阿部さんが首相になって、全国銀行協会から協力を得られなかったら、いつもの何言ってるかわかんない阿部さんにもどって、小泉さんよりひどいかもしれないですね。



再チャレンジ推進会議の正式名称は「多様な機会のある社会推進会議」。
内閣官房長官を議長とし、厚生労働省、経済産業省、財務省など各省庁の局長クラスをメンバーとして、3月に発足した連絡会議です。

事業に失敗した人や失業者、フリーター、退職期を迎える団塊世代に再挑戦を促すための施策を協議しています。
小泉政権の構造改革によって経済格差が広がったという批判に応える意味もあります。
===これって社長がやったミスに対して、造反グループの副社長とかの嫌がらせにもみえますが、もともと阿部さん自身が日本をどうしたいのか、我々国民に伝わってこない以上信じがたいですよね。

内容はPDFで見れます。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/saityarenzi/siryou.html
の 特に<概要>と<参考資料>は読みやすい(?)ので興味ある方は如何ですか?

0



2006/9/18  19:54

投稿者:あわたん

借り入れしなくてもやれるように頑張るしかないでしょうけど、思惑通りにはなかなかいかないですね。(´ω`。)グスン

2006/9/18  8:55

投稿者:連帯保証で苦労した、なにわのトン

連帯保証不要の融資の拡大は歓迎したいです、
現在の保証協会の制度(無担保、無保証)での借入も助かります、

連帯保証は、頼む方も、頼まれる方も、気持ち良く無いですから、
借入は、出来ればしない方が良いですが、なかなかね〜。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ