〒550-0023 大阪市西区千代崎1-25-11
◆電話:06-6583-4113 FAX:06-6583-4413
(e-mail)nishiku-minsyou@deluxe.ocn.ne.jp
ここのブログは、西区民商会員の思いや希望などを表現するスペースです。
礼節と良識をわきまえない、コメントなどがエントリーされた場合、無関係な内容と判断し、誠に申し訳ございませんが、削除させていただきます。

2007/8/8

お盆に憑かれて  

もう、来週はお盆・・・時間が過ぎ行くの早すぎ

お盆だからと言っても怖〜い話は苦手なので、
それでもちょっとは涼しくなって(?)もらっちゃお〜かと、
そろそろ忘れられてきたんちゃうか、
というちょっと古めのニュースを。



クリックすると元のサイズで表示します


この貫禄、ちょっと怖い!


このこは・・・あの・・・


〔死を予見するネコ・オスカー君〕ですわ。



【ニューヨーク7/26日AFP=時事】
米ロードアイランド州プロビデンスの養護・リハビリセンターで飼われている2歳の一見、無邪気そうな猫のオスカー君は、医師や職員から「死の使い」と呼ばれている。
オスカー君に「予知」されると、その患者は近いうちに必ず死亡するからだ。
オスカー君は同センターの認知症看護のスタッフによって飼われているが、次に死亡する患者を予知するという。
同センターの老人病専門医デービッド・ドーザ氏が「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メデシン」誌で明らかにしたところによると、オスカー君は定期的に患者を「回診」する。その際、患者をのぞき込んで少し鼻をひくひくさせてにおいをかぎ、そのまま通り過ぎるか、またはその患者のそばで体を丸めて横になる。
オスカー君が体を丸めて横になった患者は必ず亡くなるため、職員は直ちに家族の呼び寄せや牧師の手配を開始するという。
ドーザ氏は、3階でオスカー君がとどまらなかった患者で死んだ者はいないと書いている。
そのために医師や職員がオスカー君に付けた別名は「死の天使」。
ドーザ氏はこのようにして、これまでに25人以上の患者を見送った。
ドーザ氏は、オスカー君にどうしてこのような予知能力があるのかは説明していないが、患者にはまだこのことは知られていないとしている。





今夜寝る時、横にネコ来たら怖いな〜
0



2007/8/9  11:46

投稿者:のぞきや

>患者にはまだこのことは知られていないとしている。

絶対に知られたらアカン!!!!

知られたら猫みた瞬間に逝ってしまいそう。



http://www.k3.dion.ne.jp/~taisyoum

2007/8/8  22:13

投稿者:なにわのトン

にゃーん ゴロゴロ ほんと怖いかも〜。

お久です、今日も熱帯夜、、
夏休みのガキが、隣近所の玄関やチャイムに悪戯のスプレー
シンナー片手に、消しに回った今日でした
現場押さえたら、シバカナいかんね、、、と思ってるトンです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ