〒550-0023 大阪市西区千代崎1-25-11
◆電話:06-6583-4113 FAX:06-6583-4413
(e-mail)nishiku-minsyou@deluxe.ocn.ne.jp
ここのブログは、西区民商会員の思いや希望などを表現するスペースです。
礼節と良識をわきまえない、コメントなどがエントリーされた場合、無関係な内容と判断し、誠に申し訳ございませんが、削除させていただきます。

2005/9/28

ソバとアレルギー  

ソバとアレルギー

ソバは日本古来より栽培されている植物です。
「ソバ七十五日」と言われ、種を蒔いてから、50日〜70日くらいの短期間で収穫できるうえ、やせた土地や寒冷地でも育つことから、救荒作物として重宝がれていました。

ソバには体を温める作用があり、多数のミネラル、ビタミンB1、B2が含まれています。
その他にも、8種類の必須アミノ酸を含み、消化に良いでんぷん質や血管を強化するルチン、記憶細胞を保護するコリンなども含んでいるのです。
江戸時代初期に刊行されました、「本朝食鑑」にも、ソバは
「気分を鎮め、腸を寛げ、能く腸胃のつかえ(老廃物)をこなす。水腫、はらくだし、腹痛、上気を治す。」
と書かれており、昔から栄養価の高い、健康食品として食べられていたのです。

しかし、近年ではソバによるアナフィラキシーショック(急性のアレルギー反応で、短時間で容態が急変する危険な症状)が報告されています。
ソバによるアナフィラキシー、「そばアレルギー」はソバを食べたり、触れただけでも水ぶくれや腫れなどの症状が出る場合があります。
その原因は「花粉症」と同じで、私達の免疫機能が関係しているのです。
本来なら細菌やウイルスから体を守る免疫機能が、ソバに含まれるタンパク質(消化されにくい、低分子量のタンパク)に反応してしまい、外敵と認識し、化学伝達物質(ヒスタミンなど)を多量に発散するのです。
それを感知した脳は防御システムを働かせ、粘膜などについた抗原(ソバのタンパク質)を排除しようとし、鼻水やかゆみ、粘膜部分の腫れなどを引き起こすのです。


化学伝達物質を出す細胞、「マスト細胞」(肥満細胞とも言います。)は体のいたる所に存在しています。
これにより、ソバのタンパク質が血管を通って全身に運ばれますと、体中で一斉に反応がおこりショック状態に陥ってしまうのです。
特に気管支で粘膜の腫れが起きますと、呼吸困難になってしまい、最悪の場合、死に至る事もあるのです。
このように危険なアレルギー症状なのですが、何故、ソバなどの特定のたんぱく質のみに反応し、抗体を作ってしまうのか、その詳しいメカニズムは解っていないのです。
ソバは日本ではポピュラーな食品ですが、海外でもよく使われているのです。
特に寒い地域(ヨーロッパやロシア)などでは体を温める作用もあることから、食品に含まれていることが多く、そばアレルギーの方は注意が必要です。

〔オアシス 健康情報 9月25日版 「健康豆知識(46)」 [ 健康情報 ] 参照しました。〕
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ