てっちり武闘館 ブログ支部

「強さ」という山を、登ろうぜ。ずっと。

 

最近のトラックバック

 

カレンダー

2018年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TETSUYA(管理人)
そう。かっこ悪さもさることながら、
「ポイントをとるため」という意味の分からない闘い方になる点も
失望の一つです。

JMA氏おっしゃるように、顔面はガッチャマンみたいに前に出すぎ。
間合いが変になる。

ケージ氏おっしゃるように、「伝統派空手の劣化版」とは正しい表現だと思います。

また書こうと思ってますが、
かつて行われていた「剛法・柔法混在の乱捕」を元に
「剛柔一体の新乱捕」を模索すれば、
少林寺拳法独自・独特の素晴らしい乱捕が
出来ると思うんですが・・・・

もちろん、技術レベルも必要ですが。
投稿者:ケージ
確かに、あの防具はかっこ悪い!ですね。
運用法選考会を見学してきましたが、会場に入った瞬間「みんな、よくあんなダサくてかっこ悪い防具を着けれるなぁ…」と思いましたからね。
 
で、選考会の感想ですが…
 
一言で言えば
「参加者全員、防御がド下手くそ」
でした。
防具のあの形の所為で動きづらいことを差し引いても、あまりにも防御が下手過ぎる…
相手の攻撃が全く見えていない。平常心も守主攻従もあったものではない。
最初に行われた「女子の部1」など、完全に素人のケンカです。
あんなレベルの低さで選考会と言うものに参加すること自体が間違いだ、と言っても言い過ぎではないほどにレベルが低かった…
 
最後に行われた「男子の部2」が一番レベルが高かった…と言えば高かったんですが(あくまでもあの選考会の中では)、これもぶっちゃけ
「伝統派空手の組手試合の劣化版」
でした。
ポイントの獲得にばかり気が向くあまり、伝統派の試合のように突きの引きと気合いで審判にアピールする様は「伝統派の猿真似かいな?」と思いましたよ。
 
TETSUYAさんにも見せてあげたかったですね。
 
投稿者:JMA
 少林寺のあのフェイスガードですが、フルフェイスのメットのバイザーみたいなものが前に出過ぎていて、突きが当たり易いわ見辛いわで嫌いです。あれなら全空連のものか日拳の面の方が良いと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ