ちょっと計算のお話

2007/6/18 | 投稿者: kaya

「囲碁は頭にいい」って、わりとよく聞く言葉ですよね。
でも、これって実は爆弾発言なんです。
(ノ・・)ン。。。。。。(((●〜*

「囲碁をすると頭がよくなる」
「囲碁は右脳にいい」
「囲碁は脳が活性化する」

おいしい言葉ですよね。
 「根拠は?」と聞かれると困っちゃいますが。
さらに続きます。

「全国大会の上位入賞校は有名進学校が多い」
  ー それって、囲碁部がある学校が有名進学校に集中しているだけじゃないの?
「ウチの子は囲碁を始めて成績がアップした」
  ー それって、本当に囲碁のせい?

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、根拠はないんですよ。
最近イロイロ研究はされているらしいですけどね。
結果はまだ出てないし、出たところで誰もが納得できるものかどうかもわからないですし・・・

なんというか、今まで何度か知人と話したことあるんですが、ものすごーーーっっく反感買っちゃうんですよ。
どうも、囲碁が強い人ほど、この「囲碁は頭にいい」説に不快感持つみたいなんですよね。
なにしろ囲碁が強いくらいだから頭もいいし弁も立つ人たちなんです。
一介の主婦なんか、太刀打ちできない。
やりこめられちゃうんです。(あ、言ってることヘンですよね)

でも、ですよ。
囲碁って19×19の盤上で地合計算しながら打つんですよ。

つまり囲碁というゲームの中で19×19の盤上で、白と黒の石を交互に
どちらが多いか少ないか一手一手計算しながら打って行くんですね。
地合計算しながらということは、地が3カ所できれば
 a×b + c×d + e×f =・・・になっちゃうわけですよ。

4カ所なら a×b + c×d + e×f + g×h = です。
これって、多項式ってヤツじゃぁないでしょうか@@

これを200手、時には300手以上計算し続けちゃうんです。

しかもこれ、相手(敵)がいる「勝負」なのですから、そりゃもう真剣に計算しちゃうわけですよ。

まぁ、かなり強くなるまではキッチリ計算というわけではないですけどね(終局は別。キッチリです)。
これが高段者になるとコウがどうの出入り計算がどうの、さらに気が遠くなる程高度な計算やっちゃって、ほんとにキッチリ半目勝負になっちゃったりするんですよね。
だからこそ、「囲碁は頭にいい」じゃなく「頭がもともといいヤツが強いんだ」というもう一つの説も成り立っちゃうわけなんですが・・・・・・

でも、幼稚園や小学校入りたての子がこういうこと楽しそうにやっちゃってるの目の当たりにすると、やっぱり惹かれるものがあったりするんですよね。
過剰な期待はいけないですが・・・

まぁ、計算能力がアップしたからといって賢い生き方ができるというわけでもないし、それを学校の勉強にうまく変換できないと成績アップにもつながらないんですけどね。
ということで、今回は〆させていただきます。
0



2007/7/19  5:04

投稿者:kaya

<密かに続き>
自らの不徳のいたす処でgdgdにしてしまったんですが、密かに続けます。

ちっちゃい子に地道な計算叩き込むのって、けっこう大変だと思うんですよ。
だから100マス計算なんて流行ったわけで・・・
でもちっちゃいうちからゲーム感覚で足し算かけ算(そこまでいかなくても、多い少ないの感覚)が無意識に叩き込まれるのって囲碁じゃないかな・・・という気持ちもあって上記カキコとなったわけなんですが
だって、それ抜きに囲碁は成立しないし 少なくとも園児や小学校低学年の子供はそれを「計算」と意識してやってるとは思えないもの。

結果的に活性化、脳開発はありえるかもだけど 数値化は難しいですよね。

だから下記の研究に少なからず期待していたのだけど

http://www.nihonkiin.or.jp/news/2007/07/post_42.html

この研究についてはかなり前から宣伝されていたと思うし
NHKでもちらっと放送されましたよね。
(当時としても、内容に「?」があったけど)
でも、こういうアヤしいダイエット通販や英語教材広告のような内容だったらやらないほうがよかったと思う・・・・・なんか、いろいろな意味でショックでした。
3ヶ月って、子供が成長するには充分すぎる期間で
囲碁によって能力が向上したと言われても説得力がなかったです>リンク先のpdf

2007/6/25  12:38

投稿者:kaya

こんなこと書いてたら、こんな本みつけた。
http://astore.amazon.co.jp/kidsfive-22/detail/4839919658/503-7325663-7675903
このーて なんもく きになるきになる♪

2007/6/22  9:12

投稿者:kaya

すみません、前の文章おかしかったなぁと思いつつ
直せば直すほど収拾がつかなっくなってしまいました(汗

「頭」とか「脳」がからむとやっかいで
やっぱり墓穴をまた掘ってしまったようです。。。

たまーに9路打つと頭スッキリと疲労困憊が同時に襲ってくるのですが・・・・・気のせいでしょうか@@

ボケ防止は某2ちゃんに「効果が無い」と
かなり説得力のある書き方されていたのでそっちを信じちゃってるわたし ( ̄∇ ̄iii)

2007/6/22  1:32

投稿者:めいきょう

子供のころから始めるのは脳がが開発されると思ってます、今のところ。
で、頭がいい人は強いとも思います。
やはり「頭にいい」という言葉が曖昧でダメなんでしょう。
はぁ、自分のように頭の固くなった者が頑張ってもボケの速度を遅らせるくらいの効果しかない(_ _;)

2007/6/21  23:14

投稿者:kaya

>きっしーさん
あのノリはすばらしかったです
ある種、大道芸に通じるのかしら@@;

>おやびん、
詳しい解説ありがとうございます。
なるほどー、計算方法は一つじゃないんですね。

一応書く前に、打つ人何人かに確認したのですが(我が娘含む(==;)
実は 他の考え方、あるいは私の勘違い思い違いをどなたか指摘してくれたら それはそれでうれしーなーと淡い期待もありました。

ちなみに、まだ囲碁とオセロの区別がつかないころ
目の前で小学校入学前の小さな子が指を折りまげながら暗算で上記のような計算をやっている姿(それは整地のときですが)は、かなり衝撃的なものがありました。

プロの直感的形勢判断は複雑で地道な計算を超越したものがあるように思います@@;

2007/6/21  19:02

投稿者:おやびん

計算には複雑な足し算が必要なのではというお話ですが、私は後でまとめて足そうとすると前のを忘れてしまうので、はじめから2,4,6・・・82などと、ひたすら続けて数えています。ちょっと形が変わるとまた全部やりなおしなので、ものすごく効率悪いです。時間の少ないときはやってられません。

でも、これでもましな方で、某有名プロなどは、「2線にいっぱい石があるほうが形勢が悪い」などと、とっても簡明かつ直感的な形勢判断をしている人もいます。



2007/6/21  10:48

投稿者:きっしー

あれは検討じゃないス、チャットツッコミちう私の趣味でス、碁はもう某リーグしか参加できない体ですな

2007/6/21  4:52

投稿者:kaya

ええー、某リーグの検討参加しまくりじゃなかったですか@@

2007/6/20  21:25

投稿者:きっしー

ぜんぜん強くなんないから、あったまわりぃ〜や・・・って自分で思う^^;

2007/6/20  1:18

投稿者:kaya

どうもコメントの域を超えつつあるので掲示板の
方へレスしました^^;

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ