2008/12/23  23:50

留学奮闘記15 LAホントに到着  ユウジの米留学奮闘記

長らく間が空きました。
留学の話です。

いよいよ飛行機が到着。
ものすごく長かったような、短かったような。
まったく寝ないでものすごいたくさんの事がものすごい速度で回っていた。

空港を出ると、以前は現地の旅行会社の人が迎えに来てくれたが、今回はなし。

LAではバスしか乗ったことなかったが、初めてタクシーに乗った。
規定通り「サンタモニカまでいくら?」と聞きました。

一応普通の値段だったので、ホテルの住所を渡し、乗車。

ハイウェイに乗るとLAの街並みが流れていく。

ホテル・・・違った・・・モーテルに到着。
以前見たことのあるサンタモニカの海沿いのモーテル。
観光なら最高の立地なのだが、心は華やいでいない。
次にどうするかだけを考えている。

到着して、荷物を置いて、自動販売機でジュースを買って、海を眺める。

ほんの1時間くらいは休憩しただろうか。
日が暮れる前に、といっても夏なので8時まで明るいのだが、飛行機の中のおじさんに聞いたサンタモニカカレッジと日本スーパーマーケットに行くことにした。

さっそく地図を片手にバスに乗って、出かけた。

地図を見ているので大体はわかるけど、よーく気を張ってみてないと怖いので集中していた。

どうにかこうにか、サンタモニカカレッジに到着。

ああ、なんて気持ちいいキャンパスなんだ。
こんなところで大学生なんて最高だなあ、とか思ったり。

広い敷地の中の掲示板をなんとか見つけた。

いろいろ情報が出ている。「ルームメイト募集」
とりあえず、いくつかメモった。

そしてそこからそう遠くない場所、ソウテルという通りが日本人街でそこにあるニジヤマーケットに行った。

おお!なんとうどんやおにぎりも売っているし、ニホンジンイッパイ!

でも知り合いじゃないので、話しかけられず・・・。

とりあえず掲示板で情報を集めた。

夕方にはモーテルに帰った。

4日目には学校が始まるのだが、それまでになんとかなるのだろうか?
モーテルは3日しか予約していない。

お金を払えばそれはどうにかなるものだが、そんなにお金があるわけじゃない。
後で大変なことになる。。
絶対になんとかしなければ!

ちなみにこのとき、1ドル100円だったので、円高の恩恵にさずかっていたのだが。

いろいろ考えるからか、時差ぼけか、ほとんど眠れず・・・。

2日目にまだ家が決まっていないのに、日本人の学生が日本に帰るのに車を売りたいとの張り紙がニジヤに出ていたので、それに連絡してみた。
同じ国の日本人なら信用できるだろう、と。

車はなんとフェアレディZ!!
いいじゃん!
しかもたった20万円!
もちろん古いやつで83年型。
でも日本じゃなかなか乗れないと思ったので、値段も安いし、即決めました!

家より車が先に決まった!

この辺はアメリカは手続きが簡単で、あとで簡単に登録できる。
免許は3ヶ月有効の国際免許だか、それまでにカリフォルニアのをとるつもりだった。

さて、家はどうなるんだろう・・・。

2日目の夜もほとんど眠れず。

正直ものすごい不安でまた先が見えず、この大陸にこの体ひとつしかないことをまさに体で感じていた。
ベッドに寝ていても、大きな大陸の上に寝ている感覚があった。

後にも戻れず、先は見えない。

今この瞬間しか僕にはなかった。

今現在、この瞬間、この体のみ。

不思議な感覚だった。。。


つづく。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ