2009/1/29  0:07

クローン犬誕生??それでいいのか?  diary

クリックすると元のサイズで表示します

ルネサンス三軒茶屋のトレーナー遠藤君がまたフィットネスジャーナルは発行するトレーナー向け無料マガジン「FJ TRAINERS」の表紙に登場しています。

3回連続の登場になるそうです。

「前回の号と同じ顔(表情)してるなあ、俺・・。」と遠藤君。

大丈夫ですよ!キマってますから!!




今日のニュースにビックリ!

アメリカで飼い犬が死んでDNAを冷凍保存していて、それをクローンでよみがえらせたんだって!

ちなみによく理解してないのが、クローンってどういう段階の生き物として産まれてくるの??
赤ん坊で産まれてくるの??
そのDNAが持つ成犬の形で形作られるの???
よく知らないのですが。

前に見た耳などの臓器は、さなぎのように形成してたけど・・。

それはさておき、当然今後論理的議論が起きますよね?

でも絶対やっちゃいかんことですよね??

例えば今回の老夫婦が自分達が寂しいから犬を1400万円でよみがえらせたのだけど、そういうのを皮切りに、それがもし普通の世の中になったとしよう。

死があって生がある。
と僕は思う。

死ぬことはない世の中になれば、がんばることもなければ、働かなくてもいい。
生きる必要がないのだ。

死ぬことが分かるから、生きようとするのだろうし、人を生かせよう、助けようと思うのではないだろうか?

そんな生物は物理的に死なない科学があっても、弱い生物であり、なんらかの原因で消滅するんじゃないでしょうか?

環境問題が人類の絶滅を左右するようなテーマの映画も多いけど、こういうところにも人類絶滅の可能性があるのかも。
以前はターミネーターのような文明の過度の進化が問題になってましたが。



固い話でした。。





2009/1/31  0:23

投稿者:とおりすがり

昔大学の授業でクローン人間について習ったのですが、結局は時間差で一卵性双生児を作るようなものらしいです。一卵性双生児も同じ遺伝子の人間ですから。
結局はコピーした遺伝子で新しい命を生み出すということなので、生活環境が全く違う家庭で育てば、ほとんど別人になってしまうということです。
一卵性双生児でも、同じ環境に育ったにもかかわらず全然性格が違う場合もありますからね。
犬のクローンといっても、また赤ちゃんから始まれば、しつけを覚えているわけではないだろうし、あんまり意味がないのでは・・・と思うのですが。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ