2009/2/1  0:34

カンブリア宮殿の本  diary

2月4日にランボー4のDVD発売ですね!
またまたこれも僕のバースデーDVDだな!買うか!!

さて、前に買った「カンブリア宮殿」の本をようやく今読んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します
これすごい勉強になるなあ!!!

多くの企業、それもその社長がいるから今の会社になったという、会社の創業者や立役者が番組に登場して話しているのを本にしたものですが、ためになります!
人生のためになります!

僕は特に戦国時代の偉人伝が大好きで100冊以上は読んで現地にも行ったりしましたが、この本に出てくるのは現代の偉人たちですね。

トヨタの張会長、   ホンダの福井社長、
全日空の大橋社長、   ホリプロの社長、
ミクシイの社長、   男前豆腐の社長、
ワタミの渡邊社長、   ピーチジョンの女社長、
ジャパネットたかたのあの社長、   ソフトブレーンの宋社長、
HISの社長などこの人がいたから今全盛期を迎えているという実力者達。

他にも下町の工場の岡野工業という小さな会社でありながら世界一細い注射針を作ったすごい人など。

その中で今日はひとつ紹介しましょう。

ヨシダソースの社長の吉田さん。
知ってます??

18歳でアメリカにほとんどお金もなく渡って、たまたま昔習ってた空手がブルースリーのブームのおかげで人気で道場の先生になり、大人気に。
多くの生徒を抱えるすごい人になった。

しかし80年代の不況で生徒が減り、悩んでいたところ、クリスマスプレゼントのお返しに、お金がないので実家の焼肉屋から教えてもらった日本のバーベキューソースを自宅で作り、プレゼントした。

するとそれが大人気でみんながお金払うから売ってくれというほどに。
その後コストコに商品として下ろすようになり、コストコの発展と共にアメリカでも誰もが知るヨシダソースとなった。

もちろん超大金持ちです。

そんなバイタリティ溢れる吉田さんの言葉は心に残る。

「アメリカではよく言うのですが、まずバスを動かす。
 動かしてからガソリンを見つけなさい。ガソリンをどこで給油しようと計算してたら、もう誰かがバスを動かしている。
 冒険よりも行動。
 まず動いてみて、動きながら考える。」


うーん、これは今の僕にものすごい響くなあ。
 
これって本田総一郎が言ってる事と同じなんですよね。

総一郎は「石橋を叩いて渡れなんて、遅すぎる。叩く前に渡ってしまえ。もし叩いている間に割れたらどうするんだ!」ってね。

意味は同じですね。

そういう人間になれるよう僕ももっともっと自分に革命を起こさなきゃ!!!!!!







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ