2009/5/31  23:07

消されたヘッドライン GOOD!!  映画

今日も週末ということで、なぜか六本木。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはご飯を食べて・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そして映画です!

今日は、

クリックすると元のサイズで表示します

「消されたヘッドライン」です!

えー、今日は長くなります!!

まず主演。

ラッセル・クロウ。

何度も自慢しますが!僕はハリウッドで彼と同じセットの映画に出ました!え、エキストラで・・・。

ハリウッド売出し直前の彼は半端じゃないプロフェッショナルだったのを覚えています。

最近彼は太り気味ですが、今回も太ってます。
細くても太っててもいい役ではありますが、彼の普段通りに太ってます。おっちゃんです。

そして久々に見るベン・アフレック。
親友のマット・デイモンがどんどんキャリアを積み重ねていく中で、どんどん落ちていましたが、去年の彼の監督映画で映画人としての才能が復活!

今回も自分をうまく当てはめた役でいい役、演技してます。

この次もいい映画やってるみたいなので、期待してます!

他に、ベンの奥さん役がショーン・ペンの実際の奥さんのロbン・ライト・ペン。
もちろん彼女もいい俳優なので、今回も微妙ないい演技を見せます。

僕はラッセルとショーン・ペンの共演作をそのうち見てみたい。

大御所ヘレン・ミレンはイギリスの時代物しか見たことなかったけど、大御所はやっぱすごいということがよくわかりました。

ということで、俳優人はいい顔ぶれです。

もうこれだけで見たくなる要素はありますが、監督がまたいい!

ケヴィン・マクドナルドは去年「ラスト・キング・オブ・スコットランド」という映画で僕は衝撃を受けたものです。

あの監督!というのが決め手です。

今回ラッセルは本当は数ヶ月休みに入る予定だったそうですが、この映画の脚本を読んでみてくれといわれて、そして「ラスト・キング・オブ・スコットランド」など監督の作品を見て、脚本の出来栄えのよさ、役柄に圧倒されて、休みを返上してやることにしたそうです。

それもそのはず。
脚本はトニー・ギルロイ。
彼は元々脚本家だったのが、ちょっと前の「フィクサー」で初めて監督、脚本で映画を撮って、いきなりアカデミーです。

今公開中の「デュプリシティ」でも監督、脚本をやっている。

いま最高に実力のある脚本家です。

これにマイケル・カーナハンというこれまたすごい脚本家なのですが、一緒に書いているのです。

単に陰謀のからくりが緻密にできているという、簡単なものではありません。

これに登場人物の人間関係やキャラクターがその陰謀にうまく絡まってきていて、その出来栄えには確かに考えられないくらいの凄さがありました。

普通は陰謀と言うメインのストーリーがあって、主人公は個人の家庭の問題を抱えるというのがちょっと前にもてはやされたものですが、それは別々なものだったのです。

それがストーリーに人間関係が影響を与えるのです。

これにはうなりました。

そして最後にはこのネット時代に新聞と言うローテクなものがどんなに人間の生臭さと熱い思いで出来上がっているのかも描いている。

本当に見ごたえがありますよ!

で。この脚本の良さを見抜くラッセルもかなり凄いと思います。

だからこそスターでいられるんでしょうね。

チョーお勧めです!!!

・・・・・かなり長くなりました・・・・・が、スッキリしました。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ