2009/6/27  22:50

やっぱりマイケル・ジャクソン  diary

昨日はマイケルを押しのけてS君を載せてしまいましたが、やはりマイケルについてちょっと書こうと思います。

僕は92年くらい?のジャパンツアーを東京ドームに見に行きました。
一塁上くらいでスクリーンを見たほうがいいくらいの距離だったけど、マイケルの登場の仕方を越えるアーティストをあれ以降一人も見たことがありません。

それだけショーアップされた舞台だった。

ドカーンと舞台中央に花火が上がって、火花と煙の壁が出来て、それが2秒後消えたと思ったら、そこにもうマイケルがいるというイリュージョン的な登場。

そして観客が熱狂して沸き立つなか、マイケルは微動だにしない。
観客は騒ぎっぱなし。

約一分して、ようやく観客が少し落ち着いたと思ったら、パンッ!と首を反対に振る。

その首の動きひとつで観客が再び沸き立つ。

あんなの見たことなかった。

それだけライブというものを知り尽くし、体の動きを細部にわたって研究しているからできることですね。

ちなみに2年近く前の新しいガンズ・アンド・ローゼスの日本ツアーでのアクセルの登場は花火はないものの、「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」のイントロが暗闇の中、鳴り始めたと思ったら、例の雄叫びが聞こえ、照明が当たったときにはそこに立っていて、しばらく動かないというマイケルに影響された??ことをやっていたんですよ!

ところで・・・・ニュースは何も言いませんが、僕の記憶が正しければ・・・・

マイケルは数年前に死後直後から遺体を冷凍保存する会社のサービスに登録している・・・・はずだが・・・。

数十年後、解凍して、その時代の最高の医療で蘇るかもしれないということです。

いまならそれも30年後には可能かも・・・と想像ができてしまうのですが。。。

法的な問題はあると思いますが、何事には裏の社会がありますから・・・。

でも解剖してたら、冷凍には遅すぎる。
事実はどうなんだろう??


また音楽業界の人曰く、大物ミュージシャンは死んでからもっと曲が出てくるそうだ。

特にマイケルの場合半端じゃない未公開音源があるそうで、それが今後アルバム発売されるであろうということです。

中でもマイケルとクィーンのフレディ・マーキュリーが2人で何曲がレコーディングを行なったものがあるらしく、これは爆発的な大ヒットになること間違いなしです。

僕も欲しいし!!!

最後にここを読んでいる中のごくわずかなガンズファンへ、スラッシュとマイケルの共演映像です。







2009/6/28  23:02

投稿者:Kaolu

はい、行けてないのでコメントするのはちょっと気がひけるけど、ごくわずかなひとりだから。
これ、見た記憶ありです、
最近は奇行ばかりが話題になってたけれど、ほんとにすごいアーティスト。Off The Wallは名盤です♪
rest in peace.

2009/6/28  1:08

投稿者:S

スラッシュやヴァンヘイレンの演奏って凄かったなぁ。
今週はずっとヒストリーを聞いてます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ