2009/8/16  0:44

リーボックとシルクドソレイユ  diary

朝いきなりルネサンス本社の元上司?の人から電話が。

なんと今ロサンゼルスにいるという。

アナハイムでフィットネスのコンベンションがあって、それに今行っていてLAから電話をしてきたのだ。

なんで?
の前に悔しかったなあ。

今年は行けないし!!!!


で、会社の経費でLAに行っているその人がわざわざ電話してきたのは、そのコンベンションでジェフ・コスタと会った!というのだ。

ジェフは僕のHPトップでリンクを貼っている友人で、もう10年前に表参道のクランチで働いていたときに彼は2回来日して、僕は友達になった。

それからは僕が毎年LAに行くたびにご飯をしたり、会っていろいろと話をしたりしていた。

それが去年いきなりCCメールで「一身上の都合により、LAでの仕事をやめて田舎のマサチューセッツに帰って、親の仕事でも手伝いながら今後を考えようと思う」みたいなことを言ってきた。

それに対して何度もメールをしたのに全然返事が帰ってこない。

どうしたのだろう・・・?と思いながら、時間が経ってしまっていた。

すると今やっているLAのコンベンションでルネの人が、「あれ?ジェフじゃないの?」と思ったらしく、声をかけたらやっぱりそうだった。

一応僕が心配していたと伝えてくれたみたいだ。

「いろいろあって・・・」とかしか言わなかったらしいけど。

彼がなぜそこにいたのかと言うと、リーボックはステップリーボックやレップリーボックなど新しいスタジオプログラムをどんどん開発している。

そんな中リーボックが次に勧めるのが「シルクドソレイユ」とコラボしたプログラム!

ちょっと前にどこかで聞いた気がするのだが、どんなものだか分からない。

ちょっとサーカスチックなものなのだろう。

それを音楽に乗せながら有酸素運動をするはずだ。
どんなプログラムになるのか?

そこにジェフがディレクターで入っているというのだ。

彼は開発の才能があって向こうでは有名インストラクターなんでね。

なんだ!じゃあフィットネスの世界に戻ったんだ!

元気ならよかった。


しかしそんなところで会うのも奇遇なものです。


ちょっとメールしてみよう。







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ