2009/10/14  22:13

親  diary

今日突然の来客が。

僕は9時半までジムのいたのだけど、携帯に着信があった。

ベルダのスタッフからで、同級生が来ている・・と?

どうやら、たまたま前を通りがかったという小中学校の同級生の女の子が、僕の名前を見て入ってきたのだと。。

ただ僕は彼女が帰る20分後にカフェに来たので間に合わなかったのだが、結構近くに住んでいるようで、偶然も本当に偶然だったみたい。

彼女も20年はあっていない。

東京にいるという話はどこかで聞いていたが、この前のプチ同窓会のメンツも知らなかった。

それが近くに??

すごいねえ。

名刺を置いていったので今度電話してみよう。



昨日両親が田舎に帰りました。

朝、東京駅まで送っていった。


正月に帰ったときも思ったが、今回はいっそう思ったことがある。


今、特に僕はものすごく忙しく頭いっぱいになりながら仕事している。

まったく余裕がない。

今回親が来て、逆に無理やり時間を作って晩御飯を食べたり、鎌倉に行ったりした。

その行為自体じゃなくて、一緒に時間を過ごした親の存在がありがたかった。

なんか余裕がなかった自分に気づかせてくれて、省みることができた気がするし、少し楽になった。

いつも見守ってくれているのは親で、その関係は変わらない。

なんていうのか・・・僕がどうであっても親であって、安心できる存在。

マッサージとかエステとかとはまったく違うリラクゼーションのような気がした。


ただそれだけで感謝している。


僕あまり時間を作ってあげられなかったのが今回は残念だった。

次回は余裕を持とう。


お父さん、お母さん、わざわざ来てくれてありがとう。






2009/10/17  15:57

投稿者:hana

ユウジさんが頑張っている姿を見てご両親も安心されたのでは?ユウジさんの気持ちはお父様やお母様に必ず伝わっているはず!!
次回はゆったり時間を過ごせると良いですね。
がんばれ〜。ユウジさん!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ