2006/12/5  23:59

ルームサーキット誕生秘話  diary

出来上がったDVDを撮影をしてくれた金城君に見せた。
「個人でもあんな編集ができるんですねえ」と。
まあね!
苦労したからね。
あとはやっぱり僕が映画をかなり研究した元俳優志望の、映画マニアというのが功を奏していると思う。
映画見ていても、一緒に人といると、隣でがんがん説明しているうるさいやつだから。
3作目とパッケージが進んでいないので、早くやらないとなあ。

3作目はルームサーキットを予定していて、部屋でできる運動です。
今日たまたま人と話していて思い出した。
実はルームサーキットの原型は僕が高校3年生のときに生まれていたのだ!!

高校3年になると夏前に部活動を引退する。
そこから受験勉強ということになるのだが、ちなみに僕の田舎の辺りでは東京のような激しい?受験勉強はない。
僕は予備校とか、塾とかに行っていない。
というか周りの誰も行っていない。
夏休みは学校で自主勉強。分からないところは先生に聞く。くらい。
秋になり、どうも僕は運動不足を感じていた。
運動しているときは、ものすごく血行がいいのだが、運動しなくなるとこれが変わる。
でも学校に行くのに自転車で30分。しかも尾道は坂の街。通学路の8割が坂。1.5割が平地。0.5割が海!
なので学校前の数百続く坂道は立ちこぎで上りきる。学校手前の50Mはさらにきつい坂になる。
夏には汗だくになって学校に着く。

そんな時、頭の毛細血管がすごくかゆいのだ!
ほんと。
血行悪かったのが一気によくなるからかゆく感じるのだ。
それがたまらなく嫌で、家で勉強しているとき、区切りがいいところで、大好きな
ロッキー4のサントラをステレオでガンガンにかけ、腕立て、腹筋、スクワットの3つを繰り返し何セットもやっていたのだ。

いま思い起こせばルームサキットだ。
なんの運動の知識もないころの話だ。
身体が勝手にそういう形のものを望んでいたのだろう。
それが今形になり、映像になる。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ