2007/1/31  23:50

DEPARTED ディパーテッド  diary

クリックすると元のサイズで表示します
今日はついにこれです!
DEPERTEDディパーテッド!!!!!!!

いいです!いいです!
見る前からいいと言うことはわかっていたし、どう見ても僕好みなことは分かっていた。

まずパッケージ。
監督マーティン・スコセッシ、主演ディカプリオ、マット・デイモン、、そしてジャック・ニコルソン、マティン・シーン、マーク・ウォールバーグ、ウィリアム・ボールドウィン。
どの俳優も個性が役にあっていて、すごく生きている。

いい映画というのは始まって10分で分かるという。
この映画はほんとにそうだった。
最初の10分で内容の濃さ、セリフの深さ・勢い・絡み、がすばらしいことが分かる。

最近のスコセッシはどうもながーくなる傾向があたったけど、今回は切れている。
テンポもいいが、映画的手法もやはり巨匠だといえる。
冒頭のジャック・ニコルソンの登場シーンではしばらくニコルソンがシルエットでのみ動く。横に並ぶ少年が明るい照明なのにニコルソンは真っ暗。正体が見えない。それが監督のやりたいこと。
そういった手法が、多分僕が気づかないところにも随所に散りばめられているので、これはDVD買って見るしかない。

最初から最後まで引き込まれる。

ディカプリオは相変わらずいい!
彼の厳しい顔は見ているほうも厳しい顔になってしまうくらい、すごいものを持っている。
今回アカデミー賞ではもうひとつの映画「ブラックダイヤモンド」で主演男優賞にノミネートされているが、これとダブルノミネートでもおかしくないといわれていた。
十分彼の代表作です。
前にも書いたけど、ディカプリオは死ぬまでに20回はノミネートされて数年に1回はとりますよ。
作品賞はきてますからね。

LA行ったとき、この映画とロッキーの脚本を買ってくればよかったと、後悔・・。
チャイニーズシアターの並びで数十m東側にある本屋にいろんな映画関連の本があって、映画製作や脚本の書き方、カメラの本とか演技の本を売っているんだけど、カウンター越しにコピーを束ねたようなスクリプト(脚本)がある。
映画の製作側から流れてきたような、100枚くらいのコピーを大きなホチキスで束ねたような脚本。
本物かどうかしらないけど、言葉は映画のままだから、製本された本では本屋さんにないような映画でもここならある。
次回LA行ったら、ぜったい買ってこよう。読みたい。記憶の一部にしたい。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ