2007/3/31  22:56

風邪の時にはコーヒーを飲まない。  diary

風邪の人がいた。

お茶やコーヒーは飲まないで!というと、どうして?と聞かれた。

風邪のとき、体力がものを言う。
体力は免疫力。
体力を維持するのに筋肉中の水分は多く保たなければいけない。
体の機能をフルに働かせるには筋肉に水分を呼び込むことが必要だ。

カフェインは利尿作用があるので、体内の水分は少なくなってしまう。
だから風邪の時にはお茶やコーヒーは飲まない。

逆にスポーツドリンクが一番いい。
これはどんな病気のときでも役立つ。

筋肉中に水分を呼び込むのはよく知られている塩分。Na。ナトリウム。
でもそれだけではなくて炭水化物=糖質も水分を呼び込む。
ダイエットのときは炭水化物を少なくすることで細胞内の水分が少なくなるので短期で体重は減る。
でもこれはその水分が減っただけで、体脂肪が減ったわけではない。
なのでそれで喜んではいけないわけだ。

逆に病気のときは炭水化物、塩分を取れば水分を呼び込める。
この際はダイエットのことは忘れてください。
健康あってのダイエットです。

スポーツドリンクは炭水化物と塩分の両方がちょうどいい状態で入っている。
なのでスポーツのときの水分補給にいいということだ。

病気のときにスポーツドリンクはそういう意味で水分を呼び込み体力を助ける。

でも、これ、昔からある、あるものが同じ働きをする。

「おかゆ」です。

お米の炭水化物、塩味の塩分そして水。
だから病気のときはおかゆがいいのです。
しかもお米が水で柔らかくなっているので、GI値は高い。でもそれは無理に胃を働かせ疲れることなく消化でき吸収できる優れものなのだ。

昔からの知恵とは凄いものです。


ちなみに僕は(今はまずないけど)2日酔いのとき、吐き気がしてご飯を食べれないときはおかゆにする。
消化の問題もあるけど、上のように水分を取り込めるので、アルコールででてしまった水分を呼び戻すため、体力を戻すために、一口ずつおかゆを食べるようにしている。

これが一番早く治る。


ダイエット知識があると、病気にも役立つぞ!!



2007/4/3  21:53

投稿者:ユウヤ

そうですね!桜は男っすね!!いま目標としている人がユウジさんなので、ユウジさんのようにたくましくセクシーな人間&体に少しでも近づけるように頑張ります!!もしも機会があれば指導してください!!!お願いします!!!

2007/4/2  23:46

投稿者:yuji

ユウヤさん、うまい表現ですねえ。
桜は男だ!!

2007/4/2  21:44

投稿者:ユウヤ

やっぱり春といったら桜ですね!!ユウジさんの撮った桜もキレイで最高っす!!!自分も桜の黒くてたくましい幹のように男らしくたくましい体、そして桜の花びらのようにキレイでセクシーな人間になりたい!!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ