2007/7/28  22:48

マットデイモン 次回の「ボーン」は年でやめる?  diary

いつも週1回のトレーニングをしている30代後半の女性は、週1回は僕とトレーニングをするけれども、他の日は家のこと、子供のこと、仕事のことなどで時間がなくてジムだけでなく、家でもなかなか運動できないというのが、続いていた。

そうすると週に1回運動しても、なかなか前に進まない。
前ってのは引き締めだけど、それ以前に体力がなかなか運動を十分行うには足りなく、ハアハア言い過ぎてしまう。
なんで体力が低くなるのか?仕事ではそんなに座りっぱなしでもないのに。

そんなことが続いたので、家でやる5分運動を進めた。
単純に軽く体を使うこと。
バックランジ2セット、腹筋クランチ2セット、腕立ての姿勢のまま静止2セットを行うだけ。
でもこの種目をしょっちゅうやるのが意味がある。

奮起して5分行うことにした。
始めて1週間目ですでに、一緒にトレーニングしたときに調子がよくなっていた。
今週は2週目。すっかりよくなって次々と運動を進められる。

そしてこの方が、実際には普段疲れにくくなっているのだ。

普段は逆に体力不足で疲れを大きく感じ、体調を崩すことも多かった。
今は調子いい。

ほんの5分をPT以外に3日。これで変わるんですね。

続けてもらおう。

でもそんなひと多いんですよ。体を使いましょう!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マットデイモンの最新作「ボーン・アルティメイタム」秋に公開される。
この撮影はそろそろ終了したのかな。
彼のコメントに関する記事が。

デイモンの「ボーン」降板理由は“年だから”
 「ボーン」シリーズ4作目への出演はしないと断言しているマット・デイモンだが、降板を決めた理由は、激しいアクション・シーンに体がついて行けなくなったからだという。
「乱闘シーンに、ものすごい差を感じたよ。
一作目の『ボーン・アイデンティティー』の時は29歳だった。
で、三作目は36歳だろ。はっきりと年を感じたよ」
「タンジールで撮ったシーンでは、揉みあう相手が23歳だった。シリーズ一作目が公開された時、彼は高校生だったはずだよ」と語っている。
マットは、ボーン役を演じるにあたり、説得力を持たせるためにアクションは全て自分でやったのだそうで、「一番怖かったのは、僕がボーンのキャラクターに見えないことだった。
だから、僕が必死でトレーニングしてすべて自分でやるようにしよう、とみんなで決めたのさ。乱闘も、銃も、すべてだよ。6ヶ月間ボクシングのレッスンを受けたことさえある」と語っている

 
ええ??
マットは僕と同じ年なのでそんなこと言って欲しくないなあ。
そうそうLAで去年かな?彼を見かけたんですよ!
オレはまだまだ負けないぞ!!!

・・・・こんなセリフを吐くようになったこと自体が問題だ。



2007/7/30  1:32

投稿者:yuji

確かにシリーズでイメージが固まるのを避けたとも言える。

エドワード・ノートンにはもっと爆発して欲しい。
天才なんだから。

カーボサイクルのDVDの僕の演技は・・・くさいです。
あくまでわざとですよ!

2007/7/29  21:23

投稿者:ゼニファ〜♪

マットは正直言って‘二枚目’じゃないし、アクション系の体でもないよね?
本人もエドワード・ノートンみたいな知性派をめざしているんじゃないかなぁ〜。
いい俳優だもんね!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ