2006/4/27  23:59

ももうら  diary

ユウジのパーソナルトレーニングではモモ裏とお尻、背中のエクササイズは管理重点的に行う。
その際に前かがみのポジションになってお尻を突き出し、背中をわずかに反らせた形を取る。

このポジションを取るのに、モモ裏の筋肉は柔軟性がなくてはならない。
モモ裏に柔軟性がければれこの体勢が取れず、このポジションが取れなければ、行うべきエクササイズの数が減ってしまう。
数が減れば、筋肉をつけるのも、代謝の高い高い筋肉を作るのも刺激を与える機会が少なくなってしまうので、結果綺麗な体を作ったり、体脂肪を落すのも遅くなっていく。

だから僕のトレーニングではモモ裏が柔らかくなくてはいけない。

でも固い人も多い。特に最初は。
あなたはデッドリフト、前かがみで、かかとに体重をかけ、膝を少しだけ曲げて、でも膝より前に出ず、お尻を引いて、上半身をわずかに反らせる体勢が取れるだろうか?
ちょうどエクササイズのコーナーで紹介しているデッドリフトのように。

このときにお尻を引いて上半身を倒したものの、腰が丸くなっている場合、以下のような運動でモモ裏のストレッチを行って欲しい。

まず、肩幅に足を広げて両腕を頭の後ろに組む。
そのままお尻を後ろに引きながら、顔は前を見たまま上半身を前に倒していく。
このとき前に鏡を置いて自分がその鏡をまっすぐ見るよう顔を上げているか確認しよう。顔を思いっきり上げて背中を少しそらせたまま倒し、モモ裏をストレッチしていく。
前に倒れて十分モモ裏を延ばした状態で5秒ほどキープしたら、一度起き上がり、再び倒れる。また5秒。
これを繰り返してしっかりとモモ裏を伸ばしてみよう。

運動の種類が増えます。


今日の写真。
尾道名物「みなと祭り」で踊っている甥っ子コウスケ(真ん中)。
クリックすると元のサイズで表示します
昔、調度彼の年のころ僕は鼓笛隊でトランペットを吹いてこれに参加したことがある。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ