サンボラボ

身体機動力の最大開発!
旧ソ連生まれの格闘技サンボ
その科学的な格闘技術とトレーニング法の研究室

 
サンボラボ オリジナルテキストはサンボラボHP   
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:サンボ見習
ご回答有難うございます。アテネ五輪の柔道でこの技(両袖をもってかける方でした)を見て、どのように
掛けているのだろう、と思っていました。
投稿者:sombolabo
切り方だけを考えるのであれば、どちらでも問題はないと思いますが、この組み方の場合、上に切った方が繋ぎやすいと考えています。投げの終わりがフィニッシュではありませんので、脇を締めるかどうかではなく、抑えや関節につなげやすい状態かどうかを考えるようにした方が良いと思います。またその状態は相手の体勢によっても異なります。

http://web.hpt,jp/sombolabo/
投稿者:サンボ見習
55ページに、柏崎克彦氏が、やはり釣り手の切り方を紹介していますが、この切り方は下方向に、相手の釣り手を切っていますが、ゲラシモフにはこの切り方では、いけないのでしょうか。またこの技もフィニッシュの時、右脇は閉めるのでしょうか閉めないのでしょうか。

ロシアンパワー

メンバー募集中!

スポーツケア

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ