サンボラボ

身体機動力の最大開発!
旧ソ連生まれの格闘技サンボ
その科学的な格闘技術とトレーニング法の研究室

 
サンボラボ オリジナルテキストはサンボラボHP   
« 肘 | Main | 怪力法 »
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sombolabo
格闘技におけるパワーは、あくまで強くなる為の要素のひとつに過ぎません。確かに、力の重要性を忘れ、小手先の技術論だけでは、力の強い人に勝つ事は難しいと思います。また、最近その様な研究家も多いのは事実です。しかし、力の使い方の他に、力の抜き方(これらも技術の一部だと考えています)、それに合理的な技術・戦略全てが揃ってこそ、本物の格闘家ではないでしょうか。どれか一部だけ突出していても、すぐに対策を練られ勝ち続けるのは困難だと思います。柔道の故木村政彦先生も若木竹丸先生に影響を受け随分トレーニングをされたと思いますが、木村先生の強さは力の強さだけではなく、力の使い方・抜き方、合理的な技術、そして戦略、全てが優れていたからではないでしょうか。「力か技か」と言うような極端な考えはするべきではないと思います。

http://web.hpt,jp/sombolabo/
投稿者:格闘家
極限のパワーがあれば勝てると思うのですが?

格闘家なら技も勿論ですが極限のパワーを求めることも大事だと私は考えています。

ロシアンパワー

メンバー募集中!

スポーツケア

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ