サンボラボ

身体機動力の最大開発!
旧ソ連生まれの格闘技サンボ
その科学的な格闘技術とトレーニング法の研究室

 
サンボラボ オリジナルテキストはサンボラボHP   
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sombolabo
コメント有難うございます。
日本柔道が考えなければならないのは「襟と袖を正しく持って」という考えが果たして正しいのかということです。柔道も講道館のスタイルだけが本当に正しいのか(寝技が得意の高専柔道だってありますが、引き込みスタイルは講道館ルールでは反則です)講道館も方向性としてそれが目指していたものなのかをもう一度検証してみる必要はあるかと思います。美しいかどうかは別として・・・。武道とスポーツは同じものとして成り立つものではないと思います。
武道として、当身を想定し講道館創設同時の乱取りを行っている人がいるのかどうか疑問です。スポーツであればルールが全てですから、そこまで考える必要はありません。ゆえに襟と袖を掴んで・・というのが正しいとはいえないのではないでしょうか?

http://sombolabo.hit.mepage.jp/
投稿者:nagano(judo)
確かにその通りだと思うのですが、たとえ相手がどんな柔道をしてきても、自分は自然体を崩さず、相手の襟と袖を正しく持って投げる姿が美しいと思う。勝てなきゃダメだけど。

ロシアンパワー

メンバー募集中!

スポーツケア

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ