2008/5/26

乱交プレイのお相手はスパイの妻???  ニュース(探偵のつぶやき)

FIA会長の乱交プレー お相手はMI5職員の妻

2008.5.22 08:58
このニュースのトピックス:モータースポーツ
マックス・モズレー国際自動車連盟(FIA)会長マックス・モズレー国際自動車連盟(FIA)会長

 【ロンドン=木村正人】国際自動車連盟(FIA)会長の英国人、マックス・モズレー氏(68)の性的スキャンダルが思わぬ展開を見せている。ナチスの拷問室を連想させる乱交プレーで氏のお相手を務めた売春婦の1人が英情報局保安部(MI5)職員の妻(38)だったことが判明。職員は先月、辞職に追い込まれた。MI5は“失脚工作説”を否定している。

 英メディアが一斉に報じた。問題の発端は英大衆日曜紙ニューズ・オブ・ザ・ワールド(3月30日付)のスクープ。その後公開された動画には、モズレー氏がムチや器具を使って5人の売春婦と“拷問プレー”に興じ、女囚役の売春婦にドイツ語で命令する様子が映しだされている。出血シーンもあり、ナチスの拷問室を連想させるといわれる。

 これだけでも十分衝撃的なのに今度は売春婦の1人がMI5職員の妻で、職員が辞職させられていたことが判明。MI5は採用時、職員の妻が売春婦とは気づかなかったという。

 モズレー氏は自分を陥れるための工作だと主張しているが、MI5関係者は英メディアに「荒唐無稽」と関与を否定している。

 モズレー氏の父親オズワルド氏は英ファシスト連合の創始者で、結婚式にナチス指導者ヒトラーが出席したことから戦時下、MI5の監視対象だった。こうした背景も事件をスキャンダラスにしており、スパイにはお馴染みの英国人も「事実は小説より奇なりとは言うが…」と驚いている。

 モズレー氏への辞任圧力は強く、FIAは来月3日、信任投票を行う予定。


ってネタ・・・凄いの〜世界は広い!

でもこんなスケールでは無いにしろ、

事実は小説より・・・なんて話は結構多い・・・

もちろんブログには書けない内容が満載だったりするが・・・

ここから言えるのは、

地位が高く抑圧された人間ほどインモラルな行為にハマる場合が多いし、

名声が高いほどに事実や真実が錯綜する・・・。

探偵は真実を追究する商売だが、一度もその確信を得られた事は無い!

不思議に思うかもしれないが、追求するほどにその思いが強くなる・・・。

なぜなら

真実というモノは当事者だけが知っている事実だから・・・。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ