2009/2/20

THAI Trip NO1  TRIP

2月のこの時期に好例となっている貧乏旅行
無いなら行くなの精神を打ち砕く意味でも、いや新しい自分との出会い

日本のあの有名でポピュラーな温たかい島ではなく

勉強になる所にSOUTH STYLEを味わいに一向が向かった場所は「THAILAND」

気にしていたが自分はいつか行けたら良いよな〜が現実に

何でも一歩前に出る気になればいける感じを近場の親しい人々には、ここ何年も伝えてきたつもり

サンプルや真似は伝わってからが大事なのに...


そんな気持ちも何処かにしまい込みいざ高速バスへ
地方の僕らは国際線ともなると、移動に少しのハンデが生じる、時間のロス予算のロス体力のロス
クリックすると元のサイズで表示します

分かっていても少し自分の住んでる街の小さい考えにイラつく。

朝は5時のバスは期待と眠気で良い感じのテンション

到着後すぐさま搭乗して向かうは「バンコク」
前夜も仕事だった為、機内でもぐっすり寝れ

昔、頻繁にヨーロッパにフライトしていた頃に鍛えられた精神がここに来て生きてくる。

楽勝で到着

さすがは平均気温30度の国、しっかり熱い。

その後、国内線に乗り換えてもっと南へ
クリックすると元のサイズで表示します

南の島へ

ここで旅の付き物、得意のトラブル発生
クリックすると元のサイズで表示します

空港はサムイ空港 凄く良い感じ、ゆるいと言うか原始的と言うか、熱いのに寒いなんて冗談は誰も聞いてくれない面子
そんな面子の一名
細身でハンチング好きのナップが....


搭乗者全員のバックが出てくるのも終わっても一名のみ佇む男

「俺のないわ...」

急がないと次の目的地までのフェリーの最終に間に合わない、足早に航空会社のオフィスに駆け寄り罵声を上げるも

「無理の一言」

なめんなよ!
クリックすると元のサイズで表示します

とにかくバックを諦め、航空会社にフェリー乗り場まで送らす。
細身のテンションはここ一番低い状態に。

街や状況は最高なのに純粋に出せない空気

よく見ると手荷物が日本の空港で買った「タバコワンカートン」のみでここまで来てる風がめちゃくちゃオモロイ。
しかもLIGHTって書いてるし〜もう〜ごめんけど人事だし笑うしょ。。。

落ちながらフェリーに、ここからはフェリーまさに乗り継ぎ乗り継ぎの繰り返しは心と体が反比例する感覚が気持ちは小さいが「犬島」を思い出す。
クリックすると元のサイズで表示します
仲良くなったドイツチームからビールの差し入れ

何だか嬉しいね日本人1人も居ないし。

搭船した時は明るかった空も時間が経つにつれ暗闇に、、、気が付けが薄っすらと光るライト

目的の島はあれだ!
まるで映画の様な風景に期待のみがこみ上げてくる。

到着=始まり

パンガンに続く

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: タイ サムイ



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ