2010/3/3

Philippin-NO2   TRIP

昨夜は良い気分でホテルに帰えり、話す間もなく朝を迎えた
ホテルの窓からはお世辞にも綺麗とは言えない雰囲気に喜び冴え感じて滞在時間数時間の思い出にもあまりならない場を去り、パックパックとサングラスとカメラと地図を片手に出発、ここから本番
クリックすると元のサイズで表示します
市内の空気は排気と汚水とゴミで悪臭が漂う、そんな場所からバス乗り場へ
クリックすると元のサイズで表示します
パンと水を買い込み、ぎりぎりの乗り込み、ここから3時間以上狭い席に揺られて
目的の場所に移動
最高の時間と雰囲気をつかむのはやはり時間と労力から来るもの
簡単には味わえれない時間
街中の喧騒を避け、山道をぐんぐん進む、満員で走る為か、スピードはかなり遅い、いくつもの学校や民家や畑や集落を通り過ぎ綺麗な風景と持ち込んだipodの選曲がこの風景と合うと、日本では味わえない幸福感をえる

風もとてつもなく気持ちいい

着いた
クリックすると元のサイズで表示します
とにかく綺麗な海

早くパックパックを置いて開放されたい気持ちに。。
泊まる所の確保もしていなかったので
何軒か宿泊所を巡り
その場の相性と財布の中身が合ったので決定
クリックすると元のサイズで表示します
最高の場を手に入れて
早速ビールに口をつける
これを待っていたんだ

そしてのんびりしたのち
目的の山に出発

ここで地元ピーポーが用意してくれたバイクで移動
値段も安く、その場所まで運んでくれる

地元の綺麗な風景を横目に
約一時間ほど行くと

クリックすると元のサイズで表示します
目的の場所
「KAWASAN」
ここには手付かずの綺麗な川の水と大自然が広がり
僕らの期待をぐいぐい前に
ジャングルを抜け

幼少期に頭に描いた冒険感がカンバック状態
クリックすると元のサイズで表示します
やはりここにも生活があり
人が集まる
クリックすると元のサイズで表示します
とにかく
ここで泳ぎたくて

日本から何時間もかけて来たのである

最高の場所で最高の時間

メインの滝からまだ上に登るとそこには
まだ残る

最高の環境が

ここは楽園ですか?
クリックすると元のサイズで表示します
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ