やまて小児科・アレルギー科、本日の診察室

本日、山口県光市「やまて小児科・アレルギー科」での出来事、多かった病気などをお知らせします。
低身長、アトピーのご相談待ってます。

 
やまて小児科・アレルギー科のホームページへ


電話:0833−72−5041

24時間予約専用:0833−74−1489

特に、低身長アトピーの診療をライフワークとしております。


カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:豊岳正彦
【無業息災仏様の教えは糞宝尿薬新元号は太平平安から採って太安】

【四つ足も鳥も虫魚もみな同じ鼻糞免疫便秘結毒】

【糞ふんは畑の宝です尿は腐れば薬です】
糞ふんは腐れど土宝です「糞宝尿薬」

万病退散家内幸福無花果浣腸朝夕七夜或又十夜

朝夕食後イチジク浣腸1日2回
朝2分きばる(トイレ混雑)夕5分きばる
7〜10日間連続することで

便秘結毒動物にはない人だけ腹にどっさり詰まった宿便が
毎日朝夕少しずつ出し続けることで10日めで清浄になろう。

その後は何もせずともわずか1〜2分で排便する早糞の技がこの修錬特訓で身につく。

されば常に小用の時間で大を済ませられるので誰にも気付かれず身体を解毒清浄にして、

みるみる熊を投げ飛ばす金太郎や鬼退治を独りでやってのける一寸法師や桃太郎が男の子、
月の世界のかぐや姫竜宮城の乙姫様十二単をつきぬけて肌が輝く衣通り姫小野小町が女の子、

に童男童女全員成るのが三つ子の魂親孝行で人に親切元服日本人である。

かぐや姫桃太郎とも仏様の美しい猫背と微笑でたとえようも無く美しい姿である。

身が美しいと書いて躾「しつけ」という言霊の日本語漢字一文字になる。

言霊とは慈悲仏心是なり。


猫背微笑の元気の背中
元気になれば何でもできる

BABYMETAL - Ijime,Dame,Zettai - Live at Sonisphere 2014,UK (OFFICIAL)
https://www.youtube.com/watch?v=Ro-_cbfdrYE
頭寒足熱躾平常心
万病消災解毒消厄
吉祥爽快拈華成仏

鼻くそ食べてうんこもりもり

四つ足は 嘘をつかない みなほとけ
 猫は水子の 生まれかわれり
本物の猫背のモデルを見て猫背を学ぼう

かわいい子猫を拾った。「ぽてと」と名付けて一緒に暮らすことに!
https://www.youtube.com/watch?v=HPYYm1bOd2g
南無三宝武勇父母無二佛 拈華微笑


【糞は畑の宝です尿は腐れば薬です】

これは仏教聖典の出家の生活から翻訳しました。

https://hougakumasahiko.hatenablog.com/entry/2019/03/19/230935
投稿者:豊岳正彦
【無業息災仏様の教えは糞宝尿薬新元号は太平平安から採って太安】

【四つ足も鳥も虫魚もみな同じ鼻糞免疫便秘結毒】


動物の親例えば猫がその子を抱いて慈悲仏心で躾るときどのようにしているか。
最も大事な躾すなわち子育ては、子の身体(母の身体の分身そのものである)のどの部分に母から施されるか。
それは肛門である。

すなわち常に結毒を体外に排出し続けることが動物の身体を健やかに保つための必須条件なのである。体外から食物を常に摂取らねば生きられず死んでしまうが、
食物には必ず毒が含まれており,
食べただけ消化吸収によって吸収残滓の便中に濃縮産生される毒を常に体外へ排泄排出しなければ、
腸管壁真皮下に最も多く集中する防御免疫自衛隊白血球が、
便が溜まって結晶した毒が逆流してきて白血球の機能が低下して損なわれればまたおなじ結果となり、
子の小さく弱い身体では少量の毒に容易に負けて生きられず死んでしまうから、
親は常に子の肛門を舐めて毒の体外排泄を促し,


毒を排便すれば便の毒で肛門の粘膜がかぶれて傷つかぬように,
きれいに舐めて粘膜に着いた便毒を親の舌で丁寧に拭き取ってやる。
粘膜が傷つけば防衛線が破れそこから侵入した細菌が体内で繁殖して産生した毒にも,
小さく弱い子の身体は容易に負けてやはり死んでしまうからである。
皮膚や粘膜は身体の中を身体の外の毒や攻撃から守る国境の最前線なので,
その最前線で子の未熟な白血球自衛隊防衛網が便や菌の毒で破られぬよう、
親が自分の舌を使って子の全身を舐めてきれいに保ってやることが母の悲恩となって、
限り無く子の身を守るのである。

これが最も大事な親が子に施す「躾」なのである。

動物の身体はみな同じ構造だから,人の躾も全く同じことである。
お釈迦様もお経の中で何度も親の恩の尊さを「何も聞かずとも常に赤子の湿ったものを何も云わず取り替えてきれいにして新しい布をあてがう」とおっしゃられているのである。
生きとし生ける全ての母なる大地が無我無心に母子両情一致してこの「躾」を子なる弥勒菩薩に、
施すとも思わずわが身の後生を思うこと無く子の身の前途をのみ思って黙々と施す。

噫呼母の悲恩天地無窮遍照金剛・


https://hougakumasahiko.hatenablog.com/entry/2019/03/19/230935
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ