アンティークジュエリー ヴィクトリアンボックス VICTORIANBOX

世界中から選りすぐりの美しい
ジュエリーと大粒のアンティーク
カットダイヤモンドを集めました。
青山の隠れ家サロン。
アンティークジュエリー
ヴィクトリアンボックス オーナー
のブログです。
infovictorianbox@gmail.com
03-5485-1566
Open11:00-19:00 火曜定休

Twitterアカウント
http://twitter.com/rosecutdiamond
Facebookアカウント
https://www.facebook.com/pages/
Victorian-Box/143245252390243

 
アンティークジュエリーサロンヴィクトリアンボックス。青山の隠れ家サロンVictorianBox のブログをご訪問頂きありがとうございます。 ご来店のご予約はお手数ですがメールにて承っております。 infovictorianbox@gmail.com OPEN 11:00〜19:00 (火曜定休)皆様にゆっくりとアンティークジュエリーをお楽しみ 頂く為にサロンはご予約制となっております。 電話番号 03-5485-1566 Facebook https://www.facebook.com/pages/Victorian-Box/143245252390243?pnref=story 最寄り駅  JR渋谷駅(東口 (ビックカメラのある出口から15分) 渋谷駅( 副都心線渋谷駅13出口から2分 ) 表参道(東京メトロB2出口から10分) お会いできますのを楽しみにしております。 (当ブログの写真や商品説明の著作権は 株式会社ヴィクトリアンボックスにあり 株式会社ヴィクトリアンボックスの許可無く 転載禁止とさせて頂きます。)

カレンダー

2021年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:わこ
紙のエンボスで思い出しました。建築探偵奇想天外という本で紹介されていますが、長野諏訪地方には金唐紙(きんからがみ)という壁紙があります。かつてバッキンガム宮殿でも使用された壁紙で、厚く漉いた和紙をプレスして鏡面にわずかに凹凸の文様を付け、漆をぬり、金箔や銀箔をおいて仕上げるというものです。西洋では革を使うそうですが、日本だと革が高いので和紙なのだそう。中国産の紙が高く、ネズミ被害もあるので、本を羊皮紙に書いた西洋とは正反対ですね。
かつて輸出商品として開発された金唐紙は国内にも広がり明治期の洋館にたくさん使われたそうですが、ほとんど残っておらず、幻の壁紙と言われているそうです。漆は使うし、金銀もつかったのですから剛毅なことです。
岡谷市の製糸家の林国蔵(片倉家とならぶ製糸家)の旧宅に貼ってあるそうですよ。ご存知かもしれませんがブログを見ていらっしゃる方にも共有したいと思い、投稿しました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ