2004/1/26

土田光子さん(八尾市立曙中学校)の講演  五歳

2004-01-26 「同和」教育でいわれる「集団づくり」って何だろう

自分は、土田先生とその生徒たちのような感性を自分の中に思い起こし、学びを持ち寄って、親たち・子どもたち・教師たちがそれぞれ真剣に生きている場を、お互い支えあってつくっていきたいッス。土田先生の同和教育を評価したり、あら捜しをしたり、神様に祭り上げたりしたいのでは決してなくてさ。


土田光子さん(八尾市立曙中学校)の講演(資料)より抜粋


「・・・先公一人の力がなんぼのもんやというところに思い至るわけですね。教員一人一人の意欲とか、その子にかける願いの厚さみたいなものはないと根底から成り立ちませんが、それは当たり前のことであって、そうではなくて、・・・中学校は教化担任制なので例えば・・・一年三組で授業をしている時に自分の組の子が暴れ出したら三組の授業を中断して私が行かなければ収まらないということになってきたのではないか、中学校の中で六時間一日中共に生きているのは誰やいうたら子どもどうしではないか、その子どもたちを横に豊かにつないでいく集団づくりなしに、全ての取り組みは成立しないことになります。・・・半歩でも子どもたちの前に出て、自分で自分の可能性をどぶにかなぐり捨てるような、荒れることで、拗ねることで、いじけることでしか自分を表現できへん子どもたちに、それはちがうんや、おまえらの未来は間違いなくいまえら自身の手の中にあるんやないか、人生は生きるに足る、人間がすばらしいんやということを、理屈でなくて、説教で言うていくだけでなくて、生の実感として感じられるような、生きる意欲が沸々と喚起されるような取り組みでこそ忙殺されたい。どうせ寝に家に帰るだけの生活をしているのであれば・・・」

「集団づくりとは何かとよく聞かれますが、例えば学年でケンが・・・どうしたらええ、ケンがしっかりしたらええ、正解です。・・・もちろんケンにしっかりせえと迫ることを忘れたら、ただのもたれ合いや甘やかしです。ケンには自立せえ、しっかりせえと言うていかなあかん。けれど、今現実にしっかりしていないケンをしっかりさせるために、己のできることは何かという、わかりやすい、おせっかいな人間を育てるということです。・・・

『ちゃんと時間割書いとけ、手間かかるなあ』
言いながら、日直さんが終わりの会で明日の時間割を黒板にでかでかと書いてくれます。まだあかん。なんでや。国語って書いてあるけど、何いるかわからん。ええかげんにせえよ。翌日から、国語、本、ノート、ファイルも。数学・・・まだあかん。なんでや。ケンが連絡帳写してへん。
『おまえのためにやったのに、ええかげんにせえ』
言いながら、ケンが書いたかどうか、ノートを覗くやつが現れる。まだあかん。なんでや。ケンは家帰ってノート見てない。
『おまえ電話代請求するぞ』
言いながら、夜家に電話するやつが現れる。まだあかん。埒あかんやないか。結局早起きしてケンの家まで迎えに行くやつが現れる。

 小学校低学年で突然お父さんを亡くし、幼いきょうだいを抱えてお母ちゃんが朝から仕事に行く。ケンはお母ちゃんを見送ったあと、洗い物をし、朝ご飯の支度をして、洗濯物を干して、幼い妹や弟を保育所に連れて行く。戻ってきてようやく自分の時間になる。ケンの暮らしが見えると、思わず同情バージョンになるのをぐっと押し留めながら、
『おまえ、甘えとったら承知せえへんぞ。暮らしのせいにしとったら、桂中生総崩れや。みんな大なり小なりそんな中で生きてんのや。甘えとったらあかん。時間割くらい、そんな暮らしの中でも合わせられるはずや。まあ、今日は来たついでや。シャボンだらけの手で教科書なんか触ったらぶよぶよになったらあかんから、今日だけやぞ。わかってんなあ。今日だけやぞ』
言いながら、ケンの時間割を、朝早く起きてケンの家に出向き、合わすやつが現れる。

 勉強はもちろん、スポーツもできん、気の利いたギャグを言えるわけでもない、洗濯も行き届かんとどことなく匂う、真っ白いシャツなんて着ていない、なんとなくしょぼくれて、おれなんて、おれなんてと思っていたケンが
『こんなしょうもないおれのために、二〇分早起きして、おれの汚い家の中で山積みされた荷物の中から教科書探し出して、おれの時間割合わしてくれているつれがいる』
ことに癒されて、ケンはようやく自分の力で時間割を合わせられるようになりました。

 宿題がわからん。
『おまえめんどうくさいなあ。おまえみたいなやつに会いたあなかったわ。けど会うてしもたもんな。つれやもんな』
言いながら、二〇分早く起きて、おはよう学習会が始まっていく。

 そういう営みの総体を『集団づくり』といいます。たぶん、世の中の寡頭競争の中には勝ち進めず、出世も望めない、ひとりぼっちでいのちを絶つような子にはならない、そう思っています。・・・」



12




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ